Contents

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

防災とボランティアの日に思うこと

ご存じの通り
12年前の今日、阪神淡路大震災がありました。
都市部における同時多発災害の危険性が重要視された
出来事だったと思います。

かずさんは災害ボランティアとして地元の消防団隊員に
任命されています。身分としては 非常勤の公務員になります。
その任務を20年間つとめ、今年の3月をもって円満退職となりました。
新規の隊員を募集するのですが、協力してくださる方が少なくて
残念に思います。
勧誘に歩きますと、平和な世の中ですから日々の生活に追われて
「ボランティアなんてとんでもない!!」と玄関先で断られるのは
毎度のことです。
神戸のような大災害が来る前に地域の皆さんと日々協力して
防災組織をしっかり固めていかねばならないと感じています。

近年 インフラ整備されまして火災や各種災害がおきますと
写真右側のポケットベルに情報が入ってきますので
それからの出場になります。
かずさんはアマチュア無線技士でもありますので
受信機で災害状況の情報収集し 部下隊員等に指示をしています。


CIMG7588t.jpg

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。