FC2ブログ

Contents

防霜ファン の 点検

春先の遅霜の被害防止に大活躍します防霜ファンは
年間稼働期間が短く、シーズン前に充分な点検が必要です。

新品ブレーカ

なかでも絶縁状態(必要な所以外に電気が流れないこと)が不良の際には
漏電遮断機が働き、一晩にして、取り返しのつかないことになってしまいます。

漏電の計測器が無い場合は次の条件下で試験をするのも、ひとつの方法ですね。

茶園において 気温が低くて、雨が降ったあとで、まだ水分が残っている時に
ファンの電源を入れてみる。

電気配線施設の絶縁が不具合の場合は
モータ(負荷側)以外に電気が流れてしまいますから
それを察知して制御板内の漏電遮断機が働き電源が切れます。

こうなると
どこが不具合かを見つけることは、なかなか難しいですね。

けれども、
ほとんどの場合は首振りモーターの下にある
安全ブレーカの老朽化が原因だそうです。

下の写真の矢印の部品です。


ファン1




ファン2


部品を交換の際は当然ながら同等容量のものを選びます。

2007年修理事例

交換方法は省略しますが
参考のために古い部品の内部を見てみると
腐食が進んでいました。
下の写真の部品は程度が、まだ良い方です。

なお、上記事例はひとつの例に過ぎません。
当方での責任は負えませんので
実行に当たっては専門家の判断を仰いでください。

その他お困りの際は微力ながらご相談に応じます。


安全ブレーカ

スポンサーサイト



Comments

Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する