FC2ブログ

Contents

重油タンクのさび止め ペンキ塗りました

タンク1

製茶工場にとって重油タンクは重要な施設のひとつです。
屋外タンク貯蔵所は名前の通り 屋外にありますので
定期的なメンテナンスが必要です。
作業手順は次の通りです。↓



タンク2

ワイヤーブラシ(大と小を用意)等を使って サビた部分をこすって 落とします。


↓ 養生テープ(マスキング)を使って塗装したくない部分に貼ります。

床などには、ブルーシートや新聞紙などで汚れないように支度しておきます。

タンク3

↑ サビ止め塗料(油性)を塗る。
サビをはがした所を部分的に塗ります。サビ面が広い場合は、全面に塗ります。




タンク4
さび止め塗料が乾いたら ペンキを塗る。
 
屋外タンクは 銀色の油性塗料を塗る。

端の部分を 小さい刷毛で最初に塗ります。

広い面は ローラを使うと 綺麗に仕上がります。 

タンク5

出来上がりは こんな感じです。よく見ると 若干のムラがありますが
手順さえ 間違えなければ 意外と 簡単に出来ます。

ペンキが完全に乾く前に 養生テープ(マスキング)は 取り除きましょう。

二度塗りすればムラがなくなり、きれいですが、
今回は一日で終わらせるため、一回塗りです。
スポンサーサイト



Comments

  • おはようございます。

    狭山の横田です。
    あちらこちら見ていたら、ここにたどり着きました~

    これからもどうぞよろしくです。

    茶工人 2008-10-26 07:05
  • 横田様
    コメント投稿ありがとうございます。
    ご無沙汰しております。
    こちらこそ 今後とも宜しくお願いします。

    かずさん 2008-10-26 11:45
Post a Comment
管理者にだけ表示を許可する